FC2ブログ

東関東 平屋建築ブログ

東関東の郊外広めの土地にて、平屋建築記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)

もぐら と ぶどう

2015年6月22日は第三使徒が襲来した日だそうですが、
その日の朝、我家の庭にもあるものが襲来しました。


dsc01888.jpg



ら、襲来


であります T-T

我家の畑は、隣家の駐車場、道路の側溝、コンクリの打ちっぱなし、ブロック土留めに囲まれているので、どこから侵入したのか不明です。
もぐら自身は野菜などを食べるわけではないですが、根の周辺を掘り起こしてしまったり、ミミズを食べつくしたりするので害獣となります。また、玄関先まで穴を掘られてしまい、庭がボコボコになってしまいました。

迎撃せねばなりますまい。

尾上製作所(萬年) 日本製トタン もぐら取り器 2個セットを即ポチ。

なりふりかまってらんないの、であります。


6/23の夕方に届いたので、本道と思しき場所にセットした結果、6/24の夕方に、もぐらが見事に入っていました!
早期に対策をしたので、本道が絞り込みやすかったのが良かったようです。ありがとうアマゾン。

-----------------

二年前に植えたブドウ、白ぶどうのナイアガラと、赤ブドウのキャンベルですが、ナイアガラの方は順調に育っております。
キャンベルは一度折れてしまったので、一年分だけしか育っていません。(でも、ナイアガラだけでぶどう棚が出来そうなので不要かも。)
この二種類は湿気に強く全く病気になっていません。

ぶどう棚には全部で7本の梁をかけていますが、梁に直角に三本の蔦を伸ばしています。

DSC01911.jpg

↑こんな感じ。

毎週チェックしてブドウレースを楽しんでいます。

真ん中が一番リードしていて、到達点は梁4.5本。
脇芽がかなりでるので、節のところでまめに切っています。(この育て方が正しいのかは不明)

DSC01914.jpg

去年の蔦にはブドウがなっています。立派になりすぎていて、どう取り扱っていいか困惑中。
関連記事
スポンサーサイト
2015/06/24(水) 19:58:20 植栽・収穫 トラックバック::0 コメント::0
<<フェンス建て方 | ホーム | ロングウッドエコ塗装>>

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://meehmeeh.blog.fc2.com/tb.php/178-bb888ef8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。