FC2ブログ

東関東 平屋建築ブログ

東関東の郊外広めの土地にて、平屋建築記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)

オーボンの活動(フェンス・笠木板金・洗出し)


墓隣の我家では、線香の香りによって日本の古き良きオ~~ボンの気配を感じ取ることが出来ます。
この時期には、暑さも和らぎ随分過ごしやすくなるので、墓参り客の視線を背に感じながらDIYに励むのが習わしになっております。
今年は3日しか休みはありませんでしたが、かなりやりました。
暫く記録をサボっていたので、8月上旬あたりの作業とまとめて記録します。

まず、木工事。

DSC02446.jpg

日差しさえ遮ればバカンス気分の作業環境が得られます。鼻歌交じりで、北庭の2mフェンス作成中。

DSC02474.jpg

完成!
下の方は風通し&材料節約のために開けています。

DSC02478.jpg

北庭への出入口。
よく使う動線なので、扉などは付けずに2枚の壁の間から入ります。
(コハウチワカエデが連日の暑さで枯れてしまったようです。無念。)

DSC02476.jpg

裏側。一番左の1スパンは大物の搬入の時などの為に、念のため取り外し可能にしました。

次!板金工事。
北側1mフェンスの笠木をガルバリウム鋼板で巻きました。

DSC02462.jpg
 
DSC02466.jpg

・3x6サイズの0.35mm厚さを1枚買ってくる。
・柳バサミで183mm巾で5枚切り出す。長さ1825mm。
 この作業をすると一発でマメが出来ます。
・ホッチキス形状に折り曲げる。足の長さ37、巾109。
 笠木の大きさは105x30なので、少し余裕を持って作らないと入りません。
 本当は、切断面が露出しないように、折り返すのが望ましいのですが、そうすると折り曲げる手間が2回から4回になります。
 一度折るのに、5分は掛かるので、ここは手抜き。
 エッジに不用意に触ると怪我をしますが、錆びることは無いようです。
・2cm程重ね代をとり、重ねた部分はコーキング。
・横からステンレス釘で固定。

板金工事は、板金の加工が何より手間です。今回5個使いましたが、一つ作るのに15分掛かります。
笠木専用のコの字型のガルバを発売して欲しい・・・T-T


最後、土間コン打設!
北庭の入り口のところは、水栓があり、洗い場でもあるので砂利ではなく土間コンとします。

北庭へのアプローチにもなっているので、色気を出して洗い出しをやってみました。

DSC02468.jpg

打設直後。

下から、
 砕石40mm
 普通のコンクリ25mm+鉄筋D10
 セメント多めで、川砂利小粒を入れたコンクリ 15mm
です。コンクリねりたくないので薄くして、代わりに鉄筋入れました。
勾配は北庭に向かって1度で。型枠を駆使して、ここは精度よくやりました。

打設後直ぐに、クレンズという固化遅延剤を1L程散布。ネットで2000円位。

DSC02471.jpg

翌朝。

ワクテカしながらスポンジで洗っていきます。
なんか、セメントが結構残ってしまったり、逆に石が取れてクレーターになってしまったり。。
いまいち上手く行かなかったかも (´・ω・`)
使っていくうちに馴染んでいくことを期待。

---------------
ということで、充実のお盆休み終了であります!
関連記事
スポンサーサイト
2015/08/16(日) 21:37:28 北庭 トラックバック::0 コメント::0
<<嵐と庭木整備 | ホーム | 棚設置&ダイニングテーブル手入れ>>

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://meehmeeh.blog.fc2.com/tb.php/184-9ffe357a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。