FC2ブログ

東関東 平屋建築ブログ

東関東の郊外広めの土地にて、平屋建築記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)

☆嫁記事☆I LOVE♡珈琲②愛するアナログ道具その一

皆様☆おこんにちわ~~~~~
嫁デス。

今日も今日とて引き続き
珈琲道具愛?を語らせて頂きます(w)

じゃーん。

お気に入りセット

これが私の珈琲道具お気に入り一式♡でやんす。
ほぼ毎朝、これらを使ってハンドドリップで珈琲を淹れます。

お湯を沸かして。豆を挽いて。ドリッパーをセットして。ドリップポットにお湯を移し、温度調整しつつ。
ポトポトとゆっくり手回ししながら珈琲豆の膨らみを確かめる。
最後に味を確認し、カップに注ぐ。

ハッキリ言って、結構面倒くさいデスyo-Σ(゚∀゚ノ)ノ

今はほんにお洒落な珈琲メーカーや、バリスタマシーンがありますし、
それはそれで超カッコいいし!手軽で便利でええのぉ~とも思うんですが、

やっぱり私はこの手間。時間。淹れるという行為が変質的に大好きなんです♡
喫茶店のオヤジになりたい(笑)って思うくらい。

DSC02195.jpg
とういう訳で。
改めまして先の記事でも紹介しました

愛用のZASSENHAUSミル

挽い具合は上のネジで調整(目盛りなし、なので感覚)。豆の容量もカップ2杯強がギリギリ最大容量。それでも途中引き出しケースをカタカタ動かして山をなだらかにせねば、引き出した折に山が削れて粉が飛び散ります・・・(*_*;

時間も力もこまめな確認もいりますが、やっぱりコレで豆を挽いている時間はとても情緒的で良いものです♪




豆の新鮮さにも執着してて(w)

まー煎りたて(つまりは買いたて封を開けたて)挽きたてが一番美味い!もう当然デス。
なので超近くにお店が会って50gぐらいずつ買える状態ってのが、一番美味しい状態で珈琲が飲めるんだろうなぁと思います。

とはいっても我が家はチト無理なので、、、
冷凍庫冷蔵庫ジップロックイロイロ試しましたが、最終的に瓶でに小分けで真空保存。

酸化したら不味くなっていく・・・これは抗えないセオリーなので(*_*;
ワイン用のバキュバンを使って真空状態で保存してマス。
DSC02198.jpg


コーヒーサーバーとドリッパーはハリオ製品☆
以前は気軽なプラドリッパーでしたが、前サーバーを割ってしまったのを機に、
丁度セットだったこの陶製のドリッパー使い始めました。
陶製だと、、またすぐ壊しちゃうかも・・・と思ったけど、だかこそ丁寧に使うし愛着もわく!
焦げ茶の色味も素敵でお気に入りになりました♡

メリタセット
メリタセット2


淹れるのはたっぷり目な二人分、サーバーは容量300ぐらいです。
ドリッパーは以前は三点落ちのモノを使っていましたが、最近は円すい系ですっきり淹れるのが好き。
個人的に豆の味の好みが激しくて、、酸味系が苦手で苦味系のロースト強めのモノばかり・・・デス(^^ゞ

フレンチローストとジャーマンローストを同時買い、という。いつもビミョー過ぎるチョイスwww


ドリップポットは、メリタのステンレス製のもの。蓋のつまみと持ち手が木製なのが気に入ってます。

でも!
何より重要視したのは、ドリップ先~~~~注ぎ口デス!!

お湯を少しずつツラツラと垂らせる形状、、、このS字曲線!注ぎ口のカットなら出来るはずっ!!ってんで選びました(^^ゞ

直火も出来るけど底面に溝がありIHには向きません。どのみち珈琲は熱湯はNG。
琺瑯ヤカンで沸かしたお湯をコチラに入れ替え温度調整しています。
DSC02194.jpg


トポトポトポ~っ

少しずつ注ぎながら膨らむお豆を見るのがたまらなく好きです(*´σー`)エヘヘ

DSCF5144.jpg


他まだちょこちょこ小技の効くお気に入り小物がアリマス。

それはまた次の記事で!!



関連記事
スポンサーサイト
2015/12/03(木) 10:30:00 キッチン トラックバック::0 コメント::0
<<☆嫁記事☆I LOVE♡珈琲③愛するアナログ道具その二(小物編) | ホーム | ☆嫁記事☆I LOVE♡珈琲①ミル・アナログVSマシーン>>

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://meehmeeh.blog.fc2.com/tb.php/192-01481ff8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。