FC2ブログ

東関東 平屋建築ブログ

東関東の郊外広めの土地にて、平屋建築記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)

☆嫁記事☆I LOVE♡珈琲④愛するアナログ道具その三(他種珈琲)

皆様☆おこんばんわ~~~

嫁です。

実はまだ終わってなかったぞ!
I LOVE♡珈琲記事ってことで一応今回で終わる?予定。第四弾デス。

本日は。
珈琲は珈琲でも~種類の違う珈琲飲料編デッス!!

夫殿が、、本場イタリアで飲んだエスプレッソが美味かったー言うので、
よしそれならば、お家でも淹れてあげるよー♪
ってかほぼ道具とかそれ用のデミタスカップを使いたいがため?かもですが(^^ゞ

その目的で購入したのがコチラ↓

DSC02200_20151204202626ed1.jpg


選んだのは。

BIALETTI モカエキスプレス

どこまでもアナログ派!一番シンプルでスタンダードなマキネッタを選びました☆

イタリアの一般家庭で本当によく使われている品です。

造りも使い方も至って超シンプル。お掃除もし易いデス。


して道具としての美しさ・・・・
カタチはまぁ気に入ってるんだど~この外国コミック調のオッサンマークがチト気に入らないのだ(-"-)
個人的にですけど、可愛くもなければカッコよくもないし・・・・いっそなければいいのに  ボソッ
びあれってぃの顔に喧嘩売ってマスね・・・スイマセン!!

まぁイタリアデザインは、大胆でカラフルで斬新なものとかもあって、たまに素敵だな、ってのもあるけど、
基本好みじゃないような気がしますwww



元々飲んでる豆もハイローストですし、それをZASSENHAUSで細挽きし、プレスして直火抽出!!

ギリ二杯分の小さなものなので、ガス台に直接乗らず、網をしいてとろ火でユックリ圧を上昇させていく(^^ゞ

シュゴゴゴゴーッって圧がかかって珈琲が上がってくる音がたまりません(´∀`*)ウフフ


DSC06645_20151204202629635.jpg


ちなみに昔は社宅でガス生活でしたので直火でやれてたんですけど、なんと現在新宅はIH。

そうなんです、、コレってアルミ製だからIH☓なんですよ~(T_T)

なのでイチイチ面倒くさくてチョット気分損なうんですけど現在は鍋用のガスコンロで代用しています・・・・・

でもって。

肝心のお味は!!

ハイ!十分イケてるエスプレッソが出来上がってるそうです(^^)

ってそうです?って人事?な感想なのは。

そう・・・実は私エスプレッソ外で全然飲まないから良くわからないんですよぉ~~~~アハハ
がしかし、ま、一応本場で飲んだ人が、十分美味しいほぼ同じと言ってくれたので、まぁボチボチ何でしょ。

してさらに新たなる事実が。

夫殿はたまにエスプレッソ飲みたくなるんだよねぇ~と言いますが、
えーっと、私は別に全然好きでないことに気づく。飲んでみて  アハハハハハ

じゃーこのマキネッタ買った意味ほとんど無いじゃん!?ってことなんですが、
ちゃんと私も十分楽しめる新たなる利用法を思いつく。

DSC06647_2015120420263001d.jpgそう。私はエスプレッソは好きじゃないけど、

カプチーノなら結構好き♡

ってことで、カプチーノの濃い珈琲煮出し?として活躍してマフ。



そこで、また新たに登場するI LOVEアイテム♡が!



ハリオ製。

☆ミルククリーマー☆

でござい(*^_^*)

これまたアナログにこだわって?ハンドクリーマーです。だってねぇ機械は電池とか必要だし、壊れたら面倒くさいし、アナログだとシンプルでイイわよ~♡疲れるけどww
DSC02201_201512042026263dc.jpg


クリーマーというわけで、ミルクを温め、予め3分の1ぐらい抽出した珈琲を淹れマス(その方がいっそうミルクと馴染んでイイらしい)

他、お好みで、きび砂糖、バニラエッセンスなどを適宜にぶち込み、ひたすら

しゃほしゃほしゃほしゃほーーーっ

とポンプ上下させで泡を作るのデス!!


カップに残りのエスプレッソを注いでおき、泡立ったミルクをしゅわ~と注げは!!

ハイ!カプチーノの出来上がり♡お好みでシナモンをふってみたり♪
ちなみにラテアートには手を出していませぬ。

DSC01614_20151204202623845.jpg



自慢じゃないけど、私のカプチーノ、、、めっちゃ美味いでっせ(´∀`*)ウフフ
これは他で飲み比べてるから、自信をもって言いまっせ♪


関連記事
スポンサーサイト
2015/12/06(日) 20:20:00 キッチン トラックバック::0 コメント::0
<<敷石敷設 石割 | ホーム | ☆嫁記事☆I LOVE♡珈琲③愛するアナログ道具その二(小物編)>>

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://meehmeeh.blog.fc2.com/tb.php/194-ebbd8a67
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。