FC2ブログ

東関東 平屋建築ブログ

東関東の郊外広めの土地にて、平屋建築記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)

踏み石

お正月休みは、北庭最後の土木工事をやっておりました。

それは「踏み石製作」 であります。

踏み石というのは、庭から縁側や玄関にはいるところにある大きな石のことを言います。
本当は重さ200kg位のリアル石を置きたいのですが持ってくるのが大変なので、コンクリートで作りました。

縁側の高さは地面から50cm。腰を掛けた時にちょうどいい塩梅になるように、踏み石の高さは地面から+12cmとして、踏み石から縁側の高さは38cmとしました。

DSC02915.jpg

まず型枠づくり。右下に向かって1度勾配をつけています。
正面側には20x40x4cmのインド砂岩を化粧として埋め込みました。

次に、中にその辺にある石ころやコンクリ片を廃棄してカサ増しします。(手抜き工事風味)
砕石を3cmほど入れて固めた後、コンクリを仕上げ面のちょっと手前まで流し込みます。
最後はモルタルでコテ仕上げ。

DSC02938.jpg

出来上がり。ワイフはコレを見て、羊羹みて~だ!を連呼していました。
多分、お腹が減っていたのでしょう。

この後、ビニールシートとダンボールで2週間ほど養生して、本日、楽しい楽しい型枠外しを行いました。

DSC03189.jpg

DSC03188.jpg

まずまずの仕上がりです!
失敗した点として、手前側の枠を留めていた杭の内2本がコンクリに埋まって全く抜けなくなってしまいました。
手前側の石板を固定するのに、杭の回りにもコンクリを流し込まざるを得なかったためです。
やもなくギリギリのところで切断しましたが、ちょっと見えてしまっています。そのうち腐っていくでしょう。。

ワイフに見せたら、また、きんつば みてーだ!と言っていました。
今日もお腹が減っているのでしょう。

ーーーーーーーーー
以上で、北庭の土木工事終了ですあります!
後は、苔やら石やら樹やらを植えて、もっと寺っぽくしていこうと思います。

DSC03192.jpg

関連記事
スポンサーサイト
2016/01/09(土) 17:29:36 北庭 トラックバック::0 コメント::0
<<枯山水改 | ホーム | フェンス笠木 ガルバでカバー>>

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://meehmeeh.blog.fc2.com/tb.php/199-72058d32
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。